【リスクと対策】|大阪・兵庫・京都の投資・収益物件|株式会社R-JAPAN

06-6315-5104
受付時間 / 10:00~19:00 定休日 / 水曜日

リスクと対策

空室リスク

不動産投資には、所有している物件が空室になるというリスクが付いて回ります。空室になれば家賃は入って来ませんので、健全な不動産運用が出来なくなってしまいます。次の入居者が決まるまで、一時的な空室はどうしても避けられないリスクです。これが2ヶ月、3ヶ月と続くと、収入がない中でローンの返済を行う事となります。当然ながら、このリスクを軽減するには空室になりにくい物件を選ぶべきです。立地や現在の家賃相場とのズレによる賃貸需要をしっかりと見極める事が重要です。

家賃滞納リスク

家賃の滞納があれば収入は得られません。入居審査の段階で厳しく人物を審査したり、連帯保証人を近しい親族のみとしたり、保証会社への加入を義務付けているオーナーも多く、何かしらの対策は必要となります。

家賃下落リスク

家賃は物件の築年数とともに下がっていきます。これは必然ですので、防ぎようがありません。
ある程度築年数の経った物件については、比較的下落傾向が落ち着いているので、家賃が急落する事も少ないですが、中には相場観と大きく離れた家賃で入居されている方も見受けられます。そういった方が入居されている場合、退去されれば次の入居者の募集時には家賃が急落することが明白です。購入前に、しっかりと確認する事が大切です。

災害リスク

地震や火災、台風といった災害によって物件に被害が出ると、それを補修する修繕費用がかかります。
もちろん、地震や台風を起こさないようにする事は不可能ですし、火災についても入居者の過失や近隣からの類焼など、避けられない事態は十分に考えられます。起こった時にどういう対策を講じられているか、が重要です。これについては、火災保険に加入することで、大部分のリスクについて対策が可能です。

弊社について

【弊社について】
弊社は、賃貸や入居者管理、リフォームも行える総合的な不動産会社として、
お客様の資産形成のお役に立てることと自負しております。
あらゆる視点から不動産投資についてのアドバイスが可能ですので、
お気軽にお問い合わせください。
【不動産投資】物件を探すならコチラ♪
 

株式会社R-JAPAN
〒530-0015
大阪市北区中崎西2丁目2番4号

TEL:06-6315-5104
FAX:06-6315-3080
MAIL:toushi@r-japan.co.jp

会社外観

関西の収益・投資物件の情報はR-JAPANにお任せ下さい。

弊社は、賃貸や入居者管理、リフォームも行える総合的な不動産会社として、
お客様の資産形成のお役に立てることと自負しております。
あらゆる視点から不動産投資についてのアドバイスが可能ですので、
お気軽にお問い合わせください。